ホーム > The Mongolia information

The Mongolia information

【モンゴル国の紹介】
ロシアと中国に隣接する国で、「羊・馬」「岩塩」「白い食べ物」「ゴビ砂漠」で
有名です。もちろん「モンゴル相撲」も有名ですね。

そして、小学校3年生の授業で「スーホの白い馬」を国語の授業で学んだことを
記憶されている方、歴史の授業で「元寇」をご記憶の方ももいらっしゃるかと思います。

広大な大地が広がり、現在も「ゲル」中国でいう「パオ」で暮らし、遊牧しながら
生活している民族の方々がいます。



首都は「ウランバートル」昔は「カラコルム」でした。現在は「カラコルム遺跡」
として観光地となっています。首都は発展しており近代的な建物が立ち並びます。
しかしながら、海に面していないため物流が難しく未だ発展途上国として日本からの
援助重点国ともなっています。

Mongoliaの夏は短く6月は貴重な雨季、7月、8月が唯一の夏、30度~35度程です。
Mongoliaの夜は短く、上記写真は夜23:00の空です。
8月中旬には涼しくなり秋から冬へ変わります。真冬はシベリア寒気団が上空に
降りてくるためマイナス40度以上に下がります。
11月にはマイナス12度~寒いとマイナス20度まで下がります。

ウランバートルから車で90分程で「テレルジ国立公園」に。
乗馬やゲルでのキャンプ、星空体験、雄大な大地を感じとれる広い国立公園です。

「自然の馬タヒ」モンゴル国立自然公園の中に保護されています。
「タヒ」に遭遇できたら幸運が訪れるといわれ、現地の人も訪れる
場所です。顔と尻尾が黒いことが特徴です。

車で1時間程のところに、砂漠があります。ゴビ砂漠程広大ではありませんが
Mongoliaを感じる場所の一つです。

Mongoliaの家庭料理「ホーショー」※餃子を10倍にしたようなもの。
主食は肉。肉を食べないと寒い冬を乗り切る体力、免疫力が不足するそうです。
上記、「ボーズ」羊や、牛の肉を刻み塩で味付け。包んで蒸した一番よく
食べられているものです。
右は、小麦粉を練って揚げたパン、美味しいです。
そのほか、塩のミルクティ「スーティーツァイ」、牛肉うどん、スープなど
様々です。
やはり、白い食べ物「ヨーグルト」「ウルム」「チーズ」「バター」「シャルトス」
など美味しい乳製品が沢山あります。
ホルモンバランスを整えるもの、便秘に良いものなど健康の源の一つでしょう。

その他「フブスクルレイク湖」「バヤンウルギー」「バイカル湖」「ウブス湖」
トナカイを遊牧して暮らす民族(ヘリコプターをチャーターしていくそうです)
温泉など一つ一つ遠くて中々いけませんが、見どころも沢山あります。
ウランバートルから15分の所にはゴルフ場も。

ぜひ皆さんも飛行機で行きは5時間半、帰りは4時間、リフレッシュにお越しください。